より教育ままになるには子どもに自主性を与えよう

子どもは親の背中を見て育つという通り、それは良い意味でも悪い意味でも親の影響を子どもを受けてしまうことです。お母さんがの中でも教育ママになる人はいますが教育ママになるならできれば良い教育ママになります。良い教育ママになるにはまず子どもに自主性を与えることです。子どもに勉強するように指示したり、遊ぶよりも勉強するように指示するのは子どもを自主性を奪い取ってしまうことになり、子どもは誰かの指示なしでは動けない人間に成長してしまう可能性があります。次は子どもが勉強の問題で悩んでいてもすぐに答えを渡さないことです。わが子が困っていたら助けてあげるのが親でありますが、ここは我慢しましょう。悩むことは例え失敗しても成長へと繋がることができます。そして自ら答えは導き出すことは子どもの責任感を育て上げることでもあります。これは子どもに考えさせることの重要さを教えることにも繋がります。何事にも答えが用意された環境で育った子どもに強い責任感は生まれないでしょう。